ip分散 タグの記事一覧 | IP分散サーバーの格安CPI

アーカイブ : 「ip分散 」タグ

ip分散 seo 効果

IP分散をして、どのくらいのSEO効果が出るのかは気になるところです。
↑すでにIP分散がSEO対策に不可欠であるらしきことは周知の事実になってきましたが、実際に高い効果を上げているという報告はまだまだ秘められているかもしれません。
↑肝心なのは、従来のSEO対策では全く効果がなくなりそうだという点です。
↑↑これまでのSEO対策といえば、サテライトサイトを作って無造作に被リンクを増やすという方法が主流でした。
↑IP分散も被リンクを増やすのには変わりありませんが、最新の検索アルゴリズムには対応しています。
↑それは、同一のIPからの被リンクは、1つとみなすというアルゴリズムです。
↑つまりIPを分散させない限り、これまで量産してきたようなサテライトサイトの被リンクは無効になってしまうというわけです。
↑今までしてきたSEO対策が効かないのなら、新しい対策をとるしかありません。
↑その新しい対策が、IP分散というSEO対策なのです。
↑↑IP分散を行っても、また新しい検索アルゴリズムが開発されて努力が無駄になってしまうなどと思うのは気が早い話です。
↑現状で効果を上げている人もいる以上、IP分散を試してみない手はありません。
↑手間がかかるのが面倒と思うかもしれませんが、サーバー業者がIP分散に適したサービスを提供し始めているので利用価値大です。

ip分散 クラス

IP分散でよくいわれるクラスCとは、どのようなIPのグループのことなのでしょうか。
↑IPアドレスには、AからDまでのクラスがあります。
↑例えば、「203.83.243.76」といったIPアドレスであれば、3つめの「243」のところまでがクラスCです。
↑無料ブログなどを開設する場合には、このCクラスまでの部分が他のブログと共通で、Dクラスの部分の数字が変わることでオリジナルのサイトで生まれることになります。
↑↑Googleでは、検索アルゴリズムにCクラスまで共通のIPアドレスを同一のサイトとみなすとして、これを公表しています。
↑つまり、無料ブログなどを開設して量産したサイトについては、検索上位に表示されることがほぼ無理ということです。
↑とはいえ有益性の高いサイトに関しては、別途サイトチェックが入って上位表示されることもあるかもしれません。
↑しかし、無人ロボットがアルゴリズムによって振り分けられる程度の内容のサイトは、クラスCまでのIPが共通という時点でバッサリ検索結果から削がれてしまうと考えてよいでしょう。
↑↑ではどうすればよいのかというと、クラスC以上のIP部分を分散する必要が出てくるのです。
↑IP分散サーバーを利用すると、クラスC以上のIPを分散させることができるサーバーです。
↑IP分散をしたサイトを簡単に管理することもできるので、SEO対策に手間取っていた時間も省略できるでしょう。

  • 1000までクラスCIP分散が可能!月額100円 TICサーバー

 
▲Page Top