Home : 2ページ目 | IP分散サーバーの格安CPI

格安のIP分散サーバー

ip分散サーバーとは

インターネットもかなり普及して、利用者の数は一家に一台どころか複数台のPCがあってもおかしくない時代となりました。
↑当たり前のようにインターネットに接続できるようになり、レスポンスの遅いWEBサイトは閲覧を数秒であきらめられてしまうことも普通です。
↑利用者にとっては応答の遅いWEBサイトに不満が残り、提供者にとっても多くのユーザー数からのアクセスで負荷がかかるにもかかわらず顧客を逃してしまう事態になってしまいます。
↑↑さらにSEO対策のためには、被リンクの数を増やさなければ上位表示がかないません。
↑ところが残念ながらGoogleなどでは、同一のipアドレスから複数回リンクされても1回しかカウントされません。
↑これでは、自社サイトを評価してくれるユーザーを増やして検索サイトの目立つ位置にURLを表示したくても、なかなか上手くいきません。
↑ただ待っていてもユニークユーザーが増える期待は低いため、サテライトサイトを作成して被リンクを送る対策をとるケースが多いはずです。
↑しかしipアドレスが分散されていない以上、被リンクは1つと判別されて計画は無効になってしまいます。
↑↑このような事態を避けるために登場したのが、ip分散サーバーの存在です。
↑ipアドレスはクラスAからクラスCに分けられており、例えばGoogleではクラスCまでの同一ipによる被リンクは同一と認識されてしまうのです。
↑つまり、クラスAかクラスBのipで分散しないと、複数の被リンクとみなされないというわけです。

ip分散サーバー

GoogleやYahhoo!などの検索サイトが、そのアルゴリズムを公開することはありません。
↑ただ、日々検索結果の最適性について開発を進化させているのは当然です。
↑そのヒントとなるようなポイントは検索サイト側からも提示があったり、使用していてわかることがあります。
↑↑この数年で実行されているアルゴリズムの改変は、ユーザーにとってより有益性の高いサイトを検索上位に表示するというものです。
↑基本に立ち返ったような内容ですが、被リンクを自作自演してきたサイト運営者にとっては困惑の事態となったのではないでしょうか。
↑無料ブログでのアフィリエイトサイトの量産、レンタルサーバーを利用したサテライトサイトの量産など、プロの目からすれば明らかに同一内容と判断できるサイトは全て1つのサイトとみなされるようになってしまったのです。
↑これでは、被リンクを増やすことによって検索上位表示を狙うことができなくなります。
↑検索サイト側でもロボットの他にスタッフの目視でサイトチェックを行っているため、抜け道もなくなってきたのが実情です。
↑↑そこで登場したのが、IP分散サーバーを利用する方法です。
↑今まで通りサテライトサイトを量産する手法は変わりなく、IPアドレスだけを分散させることによって、検索アルゴリズムに別々のサイトだと判断させようというわけです。
↑グレーゾーンを狙った手口とはいえ、実践しないで指をくわえているのは不利といえるでしょう。

さいたま 入れ歯 歯医者 置き換えダイエット方法 ボノラート SEO対策格安 犬用サプリメント 酵素 浮気調査探偵事務所比較

▲Page Top