IP分散サーバーの格安CPI

格安のIP分散サーバー

被リンク ip分散 チェック

IP分散してサテライトサイトを作っても、被リンクが細かくチェックされてしまっては検索上位に表示される可能性が薄くなるのではと思われがちです。
↑検索サイトでのスタッフによる目視チェックを心配しているのであれば、それほど不安になることはありません。
↑基本的には、ほとんどのサイトがIP分散されていて有害性がないと判断されれば、検索表示されます。
↑スタッフの目視チェックが入るようなサイトは、手厚く保護される大手の営業案件か、逆に何らかの問題があるとロボットに判断されたサイトです。
↑↑もしも自社サイトの被リンクまでチェックされて検索結果からはじかれるのではないかと恐れているのであれば、サイト内容の充実を図ることをおすすめします。
↑ロボットによるふるいわけは、そもそも被リンクやサイト内容の信憑性にまで正確な判断を下すことができないのです。
↑だからこそ、検索サイト側でも不正なサイトを除外しきることができずに苦しんでいます。
↑↑被リンクサイトを増やしてIP分散を行っても、大量になればなるほど自分でチェックしきれなくなる懸念を持つ方もいるでしょう。
↑しかし、IP分散サーバーを提供しているほとんどの業者では、管理しやすいツールをサービスしています。
↑むしろ、IP分散サーバーを利用して便利なツールを使ったほうが、効率よくSEO対策を図れるでしょう。

seo ip分散 効果

なるべく費用をかけずにSEO対策をしようとするなら、従来では無料ブログなどを利用してサテライトサイトを大量生産するのが当たり前の方法でした。
↑この方法を多くのサイト運営者が採用したために、検索サイトにはあふれんばかりのアフィリエイトサイトが露出しています。
↑どのサイトも似たような内容で、最悪なケースではリンク画像だけが張ってあるというサイトも見かけます。
↑↑このような状態を危惧した検索サイトでは、新たな検索アルゴリズムを開発しました。
↑クラスC以上のIPアドレスが共通のサイトは、同一と判断するという仕組みです。
↑IPアドレスは4つのブロックに区切られており、左から順にABCDとクラス分けされています。
↑クラスC以上というのは、IPアドレスの左から3つ目までの区切りを指します。
↑クラスDまで同一のIPは存在しないか、存在しても当然無効です。
↑サイト運営者にとっては、クラスC以上のIPを分散させねばならないのは手厳しいと思うかもしれません。
↑しかし逆に考えれば、クラスC以上のIP分散さえ出来ていれば検索アルゴリズムはスルーできるのです。
↑このIP分散さえしないサイトは、検索結果で非表示にされてしまう措置もとられています。
↑まずはクラスC以上のIP分散を行えば、SEO効果は確実にありということになります。

さいたま 入れ歯 歯医者 置き換えダイエット方法 ボノラート SEO対策格安 犬用サプリメント 酵素 浮気調査探偵事務所比較

▲Page Top